投稿

琉球大学教職大学院YouTubeチャンネル開設

イメージ
琉球大学教職大学院のYouTubeチャンネルを開設しました。とりあえずは、本ブログからのアクセスによる限定公開としています。
 まずは、2019年度のオープンキャンパスのPVです。

2019年度琉球大学教職大学院修了式

イメージ
2019年度琉球大学教職大学院の修了式が行われました。新型コロナウイルスの影響により、全学での卒業式・修了式は中止となってしまいましたが、その分心温まる家族的な式となりました。
 修了生のみなさん、修了おめでとうございます。これからも、どうか学び続ける教師であり続けて下さい。そして、2年間で培ったつながり・絆を、「いつでもヘルプ」の力に換え、協力して困難や課題を乗り越えていって下さい。もちろん、教職大学院の教員もそのつながりの一員としてあり続けていくつもりです。これからも、よろしくお願いします。






第4回学修成果報告会の感想(アンケートより)

【1年次の発表で興味を持った内容】

①学校図書館を活用した授業実践
・生涯学習、自立した学習という観点から、学校図書館の学習センター・情報センターとしての機能の充実に課題を感じている。
・読書郵便の取組は、これまでも行われているが、意義や子どもの居場所づくりに着目した取組は大きな示唆を与えてくれるのではと期待しています。

②探求的な学習における学校図書館の利活用
・現在の自分の問題と同質の問題を扱っているテーマだったので。
・総合的な探求の時間に関わっていくため、HRに指導のヒントにさせてほしい。
・探求的な学習における図書館の活用については個人的にも興味を持っており、教師や生徒の活動もさることながら、蔵書の充実、図書館における様々な企画の充実性など多面的に取り組まなければならないと考えています。

③「仲間と共に学びに向かう力」を育成する授業づくり
・自分の受け持っている生徒たちを見ていると学習における受け身の姿勢が見受けられる。グループ学習は取り入れているがより効果的な手立てを学びたかった。

④中学校における考えを深める道徳科の授業の在り方
・道徳の評価等、悩むことがあったので興味を持ちました。

⑤知的障害のある児童の教育課程の改善につなげる授業実践
・現在特別支援学級の担任をしており、テーマが一致していたため。

⑥障害の有無に関わらず児童の相互理解が深まる交流及び共同学習の工夫
・協力学級担任の意識を変えていかないといけないというところに共感。支援学級との連携方法。

⑦学童期における自閉症スペクトラム児と他者の関係性を育てる試み
・子どもとの関係性を育てていくことは支援の基盤になると思うから。
・自閉症スペクトラム児への関わり方。
・実際に学級にいる子の関わり方について、とても参考になった。

⑧自主的、実践的な集団活動が展開される学級づくり
・特活を実践してきたので、異なる実践方法に驚きました。

⑨中学校英語教育における英語コミュニケーション指導に関する研究
・「伝えたい気持ちにさせる」ために、異文化理解の教材として、地域の文化を取り入れるという取組に感銘を受けた。

【2年次の発表で興味を持った内容】

①算数科における児童のつまずきの背景に着目した授業改善
・早さを見える化する指導の手立て

②小学校算数科における自己調整学習の実践研究
・それぞれの視点が違うと…

第4回学修成果報告会が終了しました

イメージ
新型コロナウイルスの影響もあり、開催が危ぶまれましたが、本日、第4回学修成果報告会が開催されました。  全体会およびホームカミングデーをカットし、発表会だけの内容となりましたが、院生のみなさんの発表と参加者による質疑により、充実した会となりました。  本当にありがとうございました。感想文等につきましては、また後日ご紹介させていただきます。



第4回学修成果報告会のプログラム変更について

3月14日(土)に予定されています第4回学修成果報告会のプログラムに変更がありましたので、お知らせ致します。

【新しいプログラム】

◆12:45 受付
◆13:00 新入生オリエンテーション(104教室,30分)
◆13:30 1年次発表(20分×3回,13:30-14:30)
 ◇102教室(杉尾)
  源河泰希,上村千安,大村由美子
 ◇103教室(白尾)
  玉那覇亜矢乃,仲山夢乃,山城慶太
 ◇105教室(藏滿)
  金城厚,池原孝子,照屋由紀子
 ◇106教室(丹野)
  屋良皇稀,平良学,知念直諒
 ◇107教室(多和田)
  嘉陽護,宮城隆二,赤嶺尚幸
 ◇108教室(下地)
  比嘉ゆかり,石川ゆかり,外間牧乃
◆14:30 会場整理
◆14:45 2年次発表(20分×3回,14:45-15:45)
 ◇102教室(村末)
  長浜朝子,島袋恵美子,新川拓海
 ◇103教室(上間)
  村吉優子,前田健
 ◇106教室(田中)
  片桐功,大城彩子
 ◇107教室(道田)
  玉城建郎,屋宜勝,岩谷千晴
 ◇108教室(浦崎)
  島袋智識,玉城啓,城間樹


※  発表会終了後 解散
※ 名前は発表順  ※ (  )は、司会者

第4回(2019年度)学修成果報告会の開催について

2020年3月14日(土)に予定されています「第4回学修成果報告会」につきましては、3月9日現在、開催の予定です。
 ただし 、新型コロナウイルスの影響により、ホームカミングデーにつきましては実施しないことになりました。どうぞご了承ください。

◆新型コロナウイルス感染症対策ご協力のお願い◆
・マスクのご持参をお願いいたします。
・会場には手指消毒剤を用意しますので、入退室時にご使用ください。
・換気のため、会場の窓等を開放します。室内が冷え込む可能性がございますので、上着等をご持参ください。

※新型コロナウイルスの流行状況次第では、今後中止等の可能性もございます。新しい情報につきましては、このHP上でお伝えしていきますので、参加予定のみなさんは、ご確認をよろしくお願いします。